新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

【農産物輸出】初の7000億円台に 和食ブーム後押し

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の賛否はさておき、日本の輸出向け農産物が海外で人気で売れているようです。

とても喜ばしいことですね。

 

農林水産省が2日発表した2015年の農林水産物・食品の輸出額(速報値)は、前年比21.8%増の7452億円と初めて7000億円台に達し、3年連続で過去最高を更新しました。

 

海外での和食ブームや円安が後押しした形のようです。

 

<農産物輸出>初の7000億円台 和食ブーム後押し (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

農産物に限らず、「ニーズがあるところで勝負をする」というのは仕事の、そして商売の鉄則であると私は考えます。

 

このまま市場もうまく育って、将来の日本の大きな収入源になるとよいですね。

 

日本のモノは高品質だからか

 品目別では、リンゴが前年比55.0%増の134億円▽牛肉が34.6%増の110億円▽緑茶が29.6%増の101億円と、いずれも初めて100億円台に達した。日本酒は21.8%増の140億円、コメは56.4%増の22億円。中華料理などに使われるホタテ貝は32.3%増の591億円と全品目で最大だった。

 輸出先は香港が1794億円と最も多く、米国、台湾、中国、韓国と続いた。香港経由で中国本土に渡っている分も多いとみられる。

 

<農産物輸出>初の7000億円台 和食ブーム後押し (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

日本のモノは名も実もある「高品質」だと世界で認識されているからこそ、このような戦略が成り立ちますし、更に円安もメリットに働いていることが今は追い風となっています。

 

そもそも「地産地消」にこだわっているような時代ではないのだと私は考えます。

 

国内国外など関係なく、「ニーズがあるところに商品、サービスを届ける」ことこそが正解なのです。

 

欲しくない人にいくら格安な値段を提示しても買いませんよね。

逆に欲しい人は市場の平均価格よりも少々高くても買ってくれます。

 

仕事も全く一緒です。

 

やって欲しくない仕事(必要としない仕事)を頼む、お金を払う人はいません。

逆にやって欲しい仕事(必要な仕事)には相場より少々高くても頼みますし、お金も払います。

 

全てが「安くすれば売れる」とは限りません。

ディスカウントすることだけが商売、仕事ではないのです。

 

和食ブームも後押ししています

13年に和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど海外で和食ブームが広がった。また、12年末からの円安進行で日本の農産物が割安で手に入れられるようになった。東京電力福島第1原発事故後に各国で導入された日本産食品に対する輸入規制が徐々に緩和・撤廃されたことも寄与した。

 

<農産物輸出>初の7000億円台 和食ブーム後押し (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

農産物だけでなく文化も売る。

これこそが仕事も商売も最終的に目指すところだと考えます。

 

人は価値が分からない、理解できないものにお金を出すことをためらいます。

 

価値が分からない人に正しい価値を教える、理解していただくことも立派な仕事ですし、例え今は実らなくても、「農作物のように育っていき、後々実をつける」ことが仕事でも商売でもよくあることです。

 

「売れないから」「成約しないから」と諦める前に、先ずは商品(サービス)と共に、お客さんも一緒に育てることを意識してみてください。

 

広告を非表示にする