新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

大塚家具「おわびセール」で売上高プラスに見る今後の展望、期待

大塚家具、売上高プラス!

 

「お家騒動」で話題となった大塚家具は、5月の全店売上高が前年同月比70%増だったと発表をしました。

 

4~5月に全国16店で一斉に実施した「おわびセール」が好調だったようです。

 

大塚家具、「おわびセール」で売上高プラスに (読売新聞) - Yahoo!ニュース

 

今回のお家騒動をメディアがこぞって報道したことで多くの人が知ることとなり、正に「災い転じて福となす」となった形ですね。

 

ですが、このまま好調を維持する・・・とは言い難いのではないかと私は考えます。

 

 

「おわびセール」は何度も出来ない

  売上高は消費税増税後の買い控えや、経営権を巡る混乱によるイメージ低下で前年割れが続いていたが、2014年4月以来、13か月ぶりにプラスに転じた。

 

大塚家具、「おわびセール」で売上高プラスに (読売新聞) - Yahoo!ニュース

 

今回の「おわびセール」は経営権を巡る混乱によるものであり、また、お騒がせしたことをお客様に「おわび」するためと銘打ったセールであります。

 

この販促手法は二度三度は使えない方法だとも言えます。

 

(いつも「閉店による処分セール」を掲げて、いつまでたっても閉店しないお店もありますけれども。)

 

むしろ、「お騒がせするようなこと」が再度起こってしまえば、それこそ大塚家具のブランドイメージは回復が難しいぐらいに凋落することは間違いありません。

 

4月に売れた家具の多くは5月の売上高に含まれている

 一斉セールは当初、4月18日から同30日までの予定だったが、予想以上の客足で、5月10日まで延長された。家具を客に納品した時点で売り上げを計上しているため、4月に売れた家具の多くは5月の売上高に含まれているという。

 

大塚家具、「おわびセール」で売上高プラスに (読売新聞) - Yahoo!ニュース

 

大塚家具はセール中の4月分の売り上げを5月に計上しているので、純粋に5月分だけの売上ではありません。


(5月の売上分でも、6月納品のものは6月に計上されることになります。)

 

営業は前月でも納品日時で締める、会計を計上することは業種問わずによくあることですし、その行為に問題はありません。

 

ただ、セール後の継続的な購買が見込まれないと、次の計上が苦しくなることは間違いありません。

 

今後に期待したいですね

図らずとも今回は「親子喧嘩という炎上商法」が成功した形となりましたが、セールを行ったことで大塚家具の持っている「高級家具」というイメージが崩れてしまい、昔からのお得意様の中には離れてしまった人もいると言えるでしょう。

 

久美子社長の狙い通り、庶民向けの入店しやすいお店、イメージに転換することは出来たようですが、立て直すためにも多くの新規の顧客を掴むことが急務であると言えます。

 

今後はセール後の買い控えが予想されます。

 

ですが、それすらも予想した上での今回の「おわびセール」戦略であり、今も次の戦略を実行している、新しい大塚家具が今後も躍動することを期待したいところです。

 

広告を非表示にする