読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

サムスン最新Galaxyシリーズ「Galaxy S6」の全容に迫る!

競争が激化するスマートフォン市場に、新たな機種が登場いたしました。
4月23日、サムスン電子の「Galaxy S6」が日本で新発売されたのです。
今回の記事は「Galaxy S6」の機能面などに焦点を当てながら、「iphone6」との比較なども行い、その全容に迫ってまいります。

 

 

「Galaxy S6」のコンセプト

満を持してリリースされたサムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy S6」。

「Galaxy S6」は、『革新』というキーワードが誕生の軸にあります。
Galaxyシリーズを考案しているデザイナーたちの間で、「Galaxy S6」のプロジェクト名は「ゼロ」と呼ばれているのだそうです。
なぜゼロなのかといえば、企画を始めるその瞬間から、すべてをゼロベースで一から考えているから。
スマートフォンという端末の存在意義や、製品の本質にまで迫り、考え抜いたものだとされています。

そんな「Galaxy S6」のコンセプトは大きく3つあります。
ひとつひとつご紹介いたしましょう。

 

スリークプロファイル

「Galaxy S6」の美しいルックスは、メタルフレームとガラスによって形作られています。

まったく新しい革新をもたらすデザイン性を、「Galaxy S6」はコンセプトとして備えているといえます。

 

ハーモナイズドフォーム

「Galaxy S6」のもうひとつの重要なコンセプトは、手に取った時のしっくりとくる和感。

美しいボディラインとともに、手になじむようなデザインを重視しています。
先にも述べたメタルフレームとガラスの絶妙なバランス感が、抜群のグリップ感を生み出しているのです。

 

アーセンテックマテリアルズ

「Galaxy S6」を使う人に、より感覚的で豊かな価値を伝えるために、サムスンは真の素材とは何かを考え抜いたといいます。
見た目の美しさと、手になじむデザインと操作性、そして高級感をもたらす素材に、「Galaxy S6」の制作者たちはこだわり抜いているといえるでしょう。

 

「Galaxy S6」の機能面

サムスンのGalaxyシリーズの新機種として期待の高まる「Galaxy S6」ですが、そのスペックなどを簡単にご紹介いたします。
今回の「Galaxy S6」は、前回の「GALAXY S5」に比べ、処理能力がおよそ50%もアップしています。
理由としては、オクタコア(クアッド 2.1GHz+クアッド 1.5GHz)を搭載しており、技術面での大きな進化を遂げているため、「GALAXY S5」よりも格段に動作が良いのです。
そのほかにも、サムスンの強みであるカメラ機能をさらに強化したり、ワイヤレスでの充電が高速で行える機能を備えていたりします。

 

「Galaxy S6」のルックス

「Galaxy S6」の見た目で特に目をひくのは、その圧倒的な薄さです。
microSDカードスロットを廃止し、バッテリーをあえて着脱不能にしたことにより、これまでにない薄さを実現しています。
また、見た目の美しさにもこだわっており、ボディの素材は「GALAXY S5」まで使用されていたプラスチックではなく、アルミニウム合金とガラスを用いています。
そのため、光を当てると、「GALAXY S5」とは異なる輝くような美しさがあります。
見た目を重視しているという観点で、カラーバリエーションも充実しています。

「Galaxy S6」は、より生き生きとした印象をもたらすカラーデザインにもこだわっているといいます。
「ゴールドプラチナ」「ホワイトパール」「ブラックサファイア」の3色を用意しており、どれも高級感にあふれる色合いです。
また、「Galaxy S6」の美しさを演出するために、アクセサリー関連にも力を入れており、従来のGalaxyシリーズの10倍に達するほどの数のアクセサリーが展開される予定だそうです。

 

「Galaxy S6」と「iphone6」の比較

スマートフォン市場を常に牽引し続けてきた元祖といえば、やはりappleでしょう。
その背中を追いかけてきたサムスンとしては、「Galaxy S6」で「iphone6」を追い抜きたい気持ちはもちろんあると思われます。

「Galaxy S6」と「iphone6」の比較を行ったところ、やはりカメラ機能の能力の高さは目を見張るものがあります。
「Galaxy S6」の外向きカメラは、f値1.9の1,600万画素カメラを搭載しており、光学手ブレ補正の他、リアルタイムHDR撮影にも対応しています。
そのため、「iphone6」の次世代機である「iPhone 6 Plus」をも上回るカメラ機能を持っています。

しかしながら、デザイン面では「iphone6」に比べて要素を基準に合わせることができていないといった意見もネット上にはあり、「Galaxy S6」の圧勝とまではいかないようです。

 

まとめ

「Galaxy S6」の全容に迫る本記事、いかがでしたか?
Appleの「iphone6」に追随する、サムスンの「Galaxy S6」。
今後の動きにも注目しながら、競争を見守っていきたいところです。
スマートフォン市場はこれからもさらに活性化されていく分野だといえます。
より良いものをつくり、商品を広めていくことはマーケティングにおいてとても重要なことです。
マーケティング担当の皆様にも、「Galaxy S6」の登場と、その裏に秘められた想いを通じて、新しい気づきを得ていただきたいと思います。

広告を非表示にする