読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

百貨店各社、中小型業態に注力 雑貨や食品に照準を合わせ若年層開拓へ

商売の基本はお客様に売る側の都合に合わせてもらうのではなく、買う側のお客様に合わせることであり、お客様に満足してもらうことが基本です。

 

百貨店各社が雑貨や食品などに商品を絞った中小型店を外部の商業施設に出店する動きが相次いでいます。

 

百貨店各社、中小型業態に注力 雑貨や食品に照準、若年層開拓へ (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース BUSINESS

 

訪日外国人客の“爆買い”によって大都市圏の旗艦店をは好調ですが、国内の消費動向は相変わらず不透明であると共に、大型店を新規出店することが難しいという事情もあります。

 

そこで、百貨店になじみが薄い世代である若年層が多く利用するショッピング施設へ出店することで新たな顧客を開拓し、大型店よりもコストを抑える狙いのようです。

 

百貨店から大型商業施設へ。

人も同じように世代交代が起こっているといったところでしょうか。

 

子育てや仕事に忙しい女性がターゲットか

 高島屋は10月29日、神奈川県海老名市の大型商業施設内に新業態店「タカシマヤスタイルメゾン」の1号店をオープンした。同社の小型店は、食料品専門の「タカシマヤフードメゾン」と、化粧品専門の「ミリオンドアーズタカシマヤコスメティックス」の2業態で展開してきた。3業態目となる「スタイルメゾン」は子育てや仕事に忙しい30~40代の女性がターゲット。スペースが限られるため、商品はハンドバッグや腕時計などの婦人雑貨や化粧品、玩具など国内外の約140ブランドに絞り込んだ。初年度の売り上げは7億円を目指す。

 

 大手では三越伊勢丹ホールディングスが、来年3月に新業態店「イセタンハウス」の1号店を名古屋市の大型商業施設にオープンさせる。同社は雑貨や食品を中心に取り扱う郊外型の小型店「エムアイプラザ」、化粧品に特化した小型店「イセタンミラー」などを展開してきた。これまでは600平方メートル以下の小型店だったが、イセタンハウスは約3000平方メートルの中型店の位置づけで、「地域特性と品ぞろえのバランス」(同社)を追求。1号店の成果を踏まえ、多店舗展開も視野に入れる。

 

百貨店各社、中小型業態に注力 雑貨や食品に照準、若年層開拓へ (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース BUSINESS

 

若年層の中でも30~40代の女性をターゲットに見据えての出店、品揃えを行うようです。

 

物販に限らず、ターゲットを絞ることは大切です。

 

もちろん多くの人にリーチすることで購買のチャンスを少しでも増やすことも大切ではあります。


ですが、興味がない人や遠方に住む人を必死に説得するよりも、少しでも興味を持ってくれていたり、接触する機会が多くある人を説得するほうが遥かに購買に繋がる可能性が高いのです。

 


百貨店によってターゲットも微妙に変わりますし、様々な施策を行うことになるでしょう。

 

ただでさえ日本はこれから人口減少が始まるため、これからは更に顧客獲得が激戦することになります。

 

だからこそターゲットをしっかり絞り、「確実に購買に繋がる」お客様をいかに獲得するかが今後の鍵となるでしょう。

 

既存顧客に満足してもらうことも大事です

百貨店のように新規顧客の割合が高い商売とはいえど、既存顧客の満足度を上げることに注力することも大事です。

 

せっかく一度は購入した、接触を持ったのにリピーターにならない、後に続いていかないとういうのはもったいないことです。

 

特に営業職は「新規獲得のノルマ」という数字で縛られることもあるでしょう。

 

ですが、既存顧客と密にすることでそこから新規顧客を獲得する(紹介してもらえる)ということも往々にしてあることです。

 

いかによい戦略で集客するかではなく、いかにお客様に満足してもらうかで考えて施策を打つという「商売の基本中の基本」を決して忘れないようにしたいですね。

 

広告を非表示にする