新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

【経済】住友ゴム 海外での「ダンロップ」商標権を買収

今回のニュースはダンロップのネームバリュー、ブランドはそれだけ大きいという証明でもあります。

 

住友ゴム工業神戸市中央区)は27日、スポーツ用品事業などを展開する英スポーツ・ダイレクト・インターナショナル(SDI)から、海外での「ダンロップ」ブランドの商標権やライセンス事業を買収する契約を行ったことを発表しました。

 

買収額は約161億円とのことです。

 

住友ゴム 海外での「ダンロップ」商標権を買収 (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

 

今回の買収に伴って、日本と韓国、台湾で展開していた同ブランドのテニスやバドミントン用品を全世界で製造販売できるようになるそうです。

 

タイヤ事業だけではなく、スポーツ用品でもその絶大なブランドを使うことが出来るというのはかなり大きなこと、商標権やライセンス事業を獲得するというのはそれだけ大きなことだと言えますね。

 

また、子会社にダンロップスポーツを抱えていますので、この買収までの流れは妥当である、自然な流れだとも言えます。

 

タイヤ事業、他のメーカーは

 一方、タイヤ事業では、南米や東南アジアなどの86カ国で商標権を保有。これまで住友ゴムはSDIにブランド使用料を支払っていた。ただ、具体的な影響はないという。

 住友ゴムによると、SDIから買収する事業の売上高は約62億円。子会社のダンロップスポーツ(神戸市中央区)と共同出資する新会社が2017年6月末までに事業を引き継ぐ。

 

住友ゴム 海外での「ダンロップ」商標権を買収 (神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース

 

一方、要となるタイヤ事業も現時点でかなりの数の国での商標権を保有しています。

 

これがそのまま引き継がれるということは、(額は分かりませんが)今までブランド使用料を支払っていたことが今後はなくなりますし、長い目で見ての経営判断であるからこその買収だということも分かります。

 

こうなってくると同じくタイヤメーカー、同じくスポーツ用品事業を行っているブリジストンの動向も気になってくるところです。

 

ブリジストンスポーツはゴルフや同じくテニス用品に力を注いで事業を展開していますから、これからの国内メーカーの競争によって、消費者、ユーザーにはよい方向に動いてくれるのではないかと期待しています。


あなたの仕事はどうですか?

翻ってあなたの仕事、属している企業はどうでしょうか?

 

また、ライバルと思っている人、企業はどうでしょうか?

 

環境は常に変わり続けるものです。

(むしろ全く変わらない仕事環境のほうが異常だとも言えます。)

 

今はもうずっと同じ仕事、ずっと同じ手法を行うだけでは生き残れない時代だと言えます。

 

自分だけでなくまわりの変化にも絶えず目を配り、そして変化を感じたなら自分自身も変化しなければなりません。

 

心を、思考も絶えず変化をすることこそが今の時代の働き方であり、来年は私自身もこれをもっと強く意識して日々の業務に携わっていくつもりです。

広告を非表示にする