読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

【経済】日産、系列の再編加速 カルソニック全株売却

営業 販売促進

系列会社だからいくら苦しくても身売りすることはないだろう。

親会社が筆頭株主だから手放すなんてことはないだろう。

 

今はもうそれは常識ではない、そんな常識は通用しない時代なのかもしれません。


 日産自動車は22日、保有する大手自動車部品メーカー、カルソニックカンセイ(さいたま市東証1部上場)の全株式を、米投資ファンドコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却すると正式に発表しました。

 

カルソニックは日産系列で最大の部品メーカーであり、系列の再編を加速させて保有資産を整理し、自動運転など先端技術に開発投資を振り向ける狙いがありそうだと報じられています。

 

日産、系列の再編加速 カルソニック全株売却、狙いは (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

株式を全売却、しかも売却先が外資ということにはびっくりしました。

 

日産だけに商品を卸しているべきではない、今後はその他のメーカーに対しても商品を卸すことを見越しての決断でもあるのでしょう。

 

上場廃止となるが、今後を見据えての決断

 日産はカルソニック株の約41%を保有する筆頭株主。KKRは2017年2月に株式公開買い付け(TOB)を実施し、日産の保有株を含めたカルソニックの全株式を取得する方針。買収額は約5千億円にのぼる。TOBの成立後、カルソニック上場廃止となる見通しだ。

 

 カルソニックは熱交換器やエアコン部品などが主力。日産は部品の調達コストの削減を進めるため、汎用(はんよう)性が高く、調達先を替えやすい部品のメーカーは系列から外しており、今回の売却もその一環だ。一方、エコカーのエンジンや変速機、インターネット関連などの技術に強い企業への関与はむしろ強めている。

 

日産、系列の再編加速 カルソニック全株売却、狙いは (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

上場廃止は法人、企業としてはかなりのネガティブなインパクトを与えます。

 

しかし、それでも先を見据えたからこその売却という選択であり、「エコカーのエンジンや変速機、インターネット関連などの技術に強い企業への関与はむしろ強めている」ということこそが今後を見据えた、これからの経営戦略を物語るものだと言えます。

 

そして、身売りすることで取引先は日産系列だけという縛りもなくなります。

 

サービス、商品が優れていればいくらでも需要がありますし、取引先に縛りがなくなるということはかなり大きなアドバンテージだとも言えるからです。

 

 カルソニックの年間売上高は1兆円を超え、取引の8割は日産が相手だ。16年9月中間決算は過去最高益で、財務基盤も安定しているが、自動運転関連などの先進技術に対応した部品の取引を求められるようになり、従来の取引は先細りが避けられない。カルソニック側からも「日産の系列でこのままやっても5年、10年は続かない」(幹部)との声が出ていた。

 

日産、系列の再編加速 カルソニック全株売却、狙いは (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 


内部だけでなく外部からも評価される

これはサービスや商品、法人や企業だけの話ではありません。

私たちの日々の仕事でも同じことが言えます。

 

内部だけでなく外部からも評価される人材となれば、あなたが属する法人、企業がダメになったとしても「需要がある」からです。

 

これは決して転職を進めているのではなく、外部から評価される人材こそが今後は生き残ることが出来る、そういった力をつけることこそがこれからの生存戦略であると私は考えています。

広告を非表示にする