読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

【経済】三菱自動車の販売台数が最下位に転落

営業

いまだ燃費不正問題が尾を引いているようです。

 

三菱自動車が2016年度の世界販売台数で富士重工業に抜かれ、国内主要乗用車メーカー7社の中で最下位に転落する見通しであるとの見解が発表されました。

 

三菱自の最下位転落は1970年の創業以来初とみられています。

 

<三菱自>販売が最下位に転落へ 燃費不正問題が響く (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

因果応報、自業自得と言ってしまえばそれまでではありますが、企業に限らず何事も信頼を失ったら回復できないほどのダメージを受けるものです。

 

そして、失った信頼を回復するにはそれ以上の行動で示すしかないのです。

 

燃費不正問題を皮切りに、不祥事続きな会社の体質そのものが世の中から問わた結果の凋落であると言えるでしょう。

 

ライバルにかなりの差をつけられた状況に

 三菱自の15年度の世界販売は104万8000台で6位、富士重は95万8000台で7位だった。だが、三菱自は10月28日に燃費不正による国内販売の一時停止や新興国販売が景気低迷などで失速気味とし、今年度の世界販売見通しを前年度比11%減の93万3000台に見直した。見通し通りだと09年度の96万台を下回り、比較可能な02年度以降で最低となる。

 一方の富士重は2日、米国販売が好調などとして、今年度は11%増の106万2000台になるとの見通しを示した。富士重にとって100万台の大台超えは初で、三菱自を約13万台上回る計算だ。

 

<三菱自>販売が最下位に転落へ 燃費不正問題が響く (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

富士重は既に軽自動車製造から撤退していますし、軽自動車はそのお手頃な価格と維持費の少なさから売る台数は稼げるものなのですが、三菱自動車はいまだその軽自動車を作り続けているので販売台数という数においては相当有利なはずです。

 

しかしそれでも順位を下回っている、それだけの信用を失ってしまったということが数字となって表れたと言えます。

 

会社として問題をどう解決するか

 三菱自は90年代半ばまでトヨタ日産自動車、ホンダに続く国内4位グループに位置していた。しかし、90年代後半~00年代前半のリコール隠しの影響で販売が激減。4位の座を競り合ってきたスズキに大きく水をあけられた上、00年代後半にはマツダにも抜かれていた。三菱自は10月に出資を受けた日産の傘下で、経営立て直しを急いでいる。

 

<三菱自>販売が最下位に転落へ 燃費不正問題が響く (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

この問題を燃費不正問題と捉えてはいけません。


相次いだリコール隠しもあって、会社の体質そのものが問われた結果、ここまで窮地に追い詰められたのです。

 

仕事、商売、人間関係、結局は全て信頼です。


例えよい商品、よいサービス、よい仕事をしても、信頼がなければ評価するというスタートラインにも立てないことがあるのです。

 

それだけ信頼というものは大事なものであり、それを軽んじると大きなしっぺ返しを食らうことになるのです。

 

この事件を他山の石とすることがないよう、今一度、自分の仕事について振り返ってみませんか?

 

広告を非表示にする