読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

【経済】SANYO、インドで復活 パナソニックがTV販売苦戦で奥の手

長く親しまれたブランドのイメージは人の心に根強く残るものです。

 

パナソニックが今夏、三洋ブランドのテレビ販売を、インドで約8年ぶりに復活させていたことがわかりました。

 

パナソニックは2009年の三洋電機の買収後、国内外でパナソニックへのブランドの統一を進めていましたが、インドのテレビ販売ではパナソニックは苦戦していることで、認知度が高い三洋ブランドの助けを借りることにしました。

 

消費者向け製品での「SANYO」のブランド復活は初めてのことです。

 

SANYO、インドで復活 パナ、TV販売苦戦で奥の手 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

使い分けで販売増の戦略を

 8月上旬から、インターネット通販アマゾンのインド版のサイトで、三洋の液晶テレビ4機種を売り出した。生産は外部に委託している。家電量販店で売るパナソニックブランドのテレビより1割程度安くした。

 三洋は、インドの家電大手との合弁会社などを通じて05~08年、テレビや冷蔵庫、洗濯機などを販売した。今も「三洋ブランドの認知度は高い」(パナソニック広報)という。

 一方、英調査会社ユーロモニターによると、インドでのパナソニックのテレビ販売台数シェア(2015年)は4・7%で7位にとどまる。1位のサムスン電子(22・8%)や2位のLG電子(19・6%)など、韓国勢に大きく水をあけられている。

 このため、ネットでは三洋、量販店ではパナソニックとブランドを使い分け、販売増を狙うことにした。

 

SANYO、インドで復活 パナ、TV販売苦戦で奥の手 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 

 

ただブランド名を使うだけでなく、価格も一割程安くして販売するという戦略を取っているようです。

 

しかし安いからといって性能はそんなに変わらないでしょうし、ブランドに拘らない消費者ならば安いほう、三洋のほうを選ぶでしょう。

 

しかも昔から知っている、親しまれているということはただ知名度があるというだけではなく、それだけ「信頼」しているという証しだともいえます。

 

商売や仕事に限らず、何事も信頼は大事です。

 

もちろん価格も決定するための重要な要素ではありますが、最終的には信頼するからこそ商品を購入するし、仕事も依頼するのです。

 

日々の仕事ではどうしても目先の数字を追ってしまうことが優先されてしまいがちですが、長い目で見て信頼を構築することもとても大事な仕事です。

 

ただ、そうは言ってもなかなかうまくはいかない、「言うは易し行うが難し」ではありますが毎日をただ漫然と仕事をこなすのではなく、信頼を得ることを考慮しながら仕事に携わってみてはいかがでしょうか?

 

広告を非表示にする