読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

【売却】東芝、白物家電売却へ。中国・美的と最終調整

営業

経営再建中である東芝が、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を、中国の家電大手「美的集団」へ売却する方向で最終調整に入ったそうです。

 

東芝、白物家電売却へ=中国・美的と最終調整 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

つい最近ではシャープが台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されることが決まりましたし、以前では同じく白物家電を三洋が中国のハイアールに売却しました。

 

(白物家電はシャープと統合するという話も出ていたのですが。)

 

今の日本では白物家電、いや、家電そのものが売れていない(買い控えしている)状態が長く続いていますし、需要の伸びで考えると今後は東南アジアがもっと伸びてくる(来ている)ので、そこに活路を見出すしかない状況だとも言えますね。

 

 美的集団は「Midea(ミデア)」ブランドで家電を販売しており、2014年の売上高は約2兆6000億円。東芝は大半の家電事業を売却する方針で、従業員やブランド、販売網などの取り扱いを今後詰める。

 

東芝、白物家電売却へ=中国・美的と最終調整 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

不採算事業構造改革

特に東芝は不正会計が起こったこともあり、不採算事業構造改革のためにも家電事業にて予算も人事も大幅削減することを決めています。

 

 東芝の白物を含めた家電事業は、16年3月期まで5期連続の赤字となる見通し。同社は不正会計の温床となった不採算事業構造改革を進めており、家電事業全体で6800人の人員削減を既に決定している。 

 

東芝、白物家電売却へ=中国・美的と最終調整 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 

結果論ではありますが、東芝は不正会計を行ったという現実から目をそむけたことが、大きなツケとして回ってきた形です。

 

不正会計をして誤魔化すくらいなら少しでも早く打開策を考えて実施すれば、(その時だけは痛いでしょうが)傷も小さいもので済んだでしょうね。

 

(今更タラレバな話をしても全く意味はありませんし、もちろん一番責任があるのは不正会計をさせた当時の経営陣ではありますが。)

 

東芝が主力事業軒並み悪化で赤字転落 リストラ不可避 - 新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

 

リスク管理としても好ましくない

営業を行っていると売上(の数字だけ)を先に計上することもあるでしょうし、後々帳尻を合わせればよいということもあるでしょう。

 

ですが、そういった緩みが常態化してしまうと、そこから大規模な不正会計に繋がっていくことも少なくありません。

 

(故意であろうとなかろうと)帳簿が間違っていれば然るべき所から指摘を受けますし、リスク管理として考えても、こういった行為はあまり好ましいことではないのは言わずもがなです。

 

もちろん管理、監督し全責任を負うのは会社ですが、個人でも常日頃からお金の流れをしっかりと意識しておくことは無駄ではありませんし、自分の仕事がいかにしてお金と繋がるかを分かっていれば仕事の質が上がるきっかけにもなるでしょう。

 

広告を非表示にする