読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新規顧客獲得への道|フルコミドットコム

成果報酬型求人サイト「フルコミドットコム」がすべての企業様におくる、新規顧客獲得ノウハウ!毎週更新します。

完全歩合制の求人情報サイト フルコミ

自分にあった商材・サービスで自由な時間に営業できる!在宅・副業・起業・SOHOに最適の求人情報

「丸亀製麺」がカフェに本格参入 他業種への挑戦に見る価値の提供

あなたはコーヒーを飲みますか?

また、どこで飲みますか?

飲むのはドリップコーヒーですか? 缶コーヒーですか?

 

讃岐うどん店「丸亀製麺」を展開するトリドールは25日、郊外型のカフェ事業に本格参入することを明らかにしました。

 

現在、香川県内で実験的に運営している「クローバー珈琲焙煎(ばいせん)所」を、全国チェーンとして展開し、2015年度には同チェーンを中心に8店舗、16年度に25店、17年度に40店を新規出店し、18年度以降は年100店規模の大量出店を行う方針とのことです。

 

トリドール、郊外型カフェに本格参入 「丸亀製麺」に次ぐ事業の柱に (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース

 

ちなみに私は、ドリップコーヒーも缶コーヒーも飲みますし、喫茶店、職場、自分の家・・・種類も、飲む場所も問いません。

(一日5杯は飲んでいます。)

 

喫茶店市場は右肩上がりだが

 日本フードサービス協会によると、13年の喫茶店市場は前年比4%増の1兆602億円。成長を続ける市場を目がけて日本ケンタッキー・フライド・チキンすかいらーくリンガーハットなど異業種が続々と新店舗を設置するなど新規参入の動きが広がっている。

 

トリドール、郊外型カフェに本格参入 「丸亀製麺」に次ぐ事業の柱に (SankeiBiz) - Yahoo!ニュース

 

異業種とはいえ外食企業が喫茶店市場に参入することは想像に難くない、むしろ自らの強みであるノウハウを生かすことを考えると、理に叶っていることだと私は考えます。

 

むしろこの流れはコンビニエンス、小売り業の参入、成功が大きかったと言えるでしょう。

 

ただ、コンビニコーヒーがここまでヒットしたのは、その価格の安さだけではありません。

 

コーヒー以外の商品を買うことを見越している、むしろそちらで利益を上げるという戦略があってこそ成り立っていると言えるでしょう。

 

そういう意味では「コーヒー以外のプラスアルファを提供できるか」がポイントとなりそうです。


クローバー珈琲焙煎(ばいせん)所の実験店では、ブレンドコーヒーを1杯450円で提供していて、ゆったりくつろげる店舗提供によって地方住民の集合場所としての需要を取り込むことを目指しているようです。

 

コーヒー以外のプラスアルファを考える、「居心地のよい場所と時間を提供する」ことで他サービスとの差別化を考えていると思われます。

(地方住民の方の多くは持ち家に住んでいるでしょうし、その持ち家よりも快適な場所を提供しないといけませんね。)

 

 

何に価値を持たせるか

今回のように「サービスの何に価値を持たせるか」というのは外食産業、小売業に限ったことではありません。

全ての仕事に言えることです。

 

人はサービスを受けるとき、否が応でも比較するものです。

全く同じ内容のサービスであれば値段が安い方を選びますし、逆に他より値段が高いとなると、サービスの質も高いものを問われます。

 

サービスそのもの以外のプラスアルファも含めて判断することもあります。

 

 

何に価値を持たせるか。

これはサービスを売り込む側が特に意識しなければいけないことです。

 

他よりよいサービスを提供する、プラスアルファを提供するときには必ず「何に価値を持たせるか」を意識しましょう。

広告を非表示にする